不登校新聞

414号 2015/7/15

ひきこもり時給2000円「ひきこもりの苦痛は時給換算だと」

2015年07月14日 12:03 by kito-shin


連載「ひきこもり時給2000円」vol.8


 タワーレコードのアルバイト募集チラシを目の前にして、かなり長いこと応募をためらっていたのは、たしか29歳のころだ。
 
 音楽は好きだし、タワレコのバイトならできそうな気もしなくはなかったのだが、結局、応募に踏み切ることはできなかった。タワレコの仕事は、能力的にはきっとできたと思うのだけど、とにかく何かが怖くて前に進むことができなかった。たぶん、働くうえで必要な何かが、まだ僕のなかに備わっていなかったのだろう。僕の20代は、結局、働けないままに終了した。
 
 そんな僕が再び「仕事」に踏み出せたのは30歳のとき。知人から「ここの仕事を辞める人が出るんだけど、よかったら受けてみない?」と誘われたのがきっかけだった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「答え」は「どこか」でなく「ここ」にある ひきこもり時給2000円最終回

448号 2016/12/15

今だから話せるコト~一番つらい時期になぜ死にたくなったのか ひきこもり時給2000円

447号 2016/12/1

母に直接聞いてみた~僕がひきこもっているときに何を考えてた?

446号 2016/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...