連載「ひきこもり時給2000円」vol.8


 タワーレコードのアルバイト募集チラシを目の前にして、かなり長いこと応募をためらっていたのは、たしか29歳のころだ。
 
 音楽は好きだし、タワレコのバイトならできそうな気もしなくはなかったのだが、結局、応募に踏み切ることはできなかった。タワレコの仕事は、能力的にはきっとできたと思うのだけど、とにかく何かが怖くて前に進むことができなかった。たぶん、働くうえで必要な何かが、まだ僕のなかに備わっていなかったのだろう。僕の20代は、結局、働けないままに終了した。
 
 そんな僕が再び「仕事」に踏み出せたのは30歳のとき。知人から「ここの仕事を辞める人が出るんだけど、よかったら受けてみない?」と誘われたのがきっかけだった。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。