不登校新聞

414号 2015/7/15

書籍紹介 “幸せなママから、幸せな子が育つ”

2015年07月14日 12:15 by koguma

「ま、いっかと力をぬいて 幸せなママになるレッスン」北村年子著

 不登校の子どもを持つお母さんと接するたび、いつも気づくことがあります。お母さんの「眉間のしわ」です。先日も都内で、弊社が協力団体として関わった講演会がありました。そこでも、険しい表情を浮かべたお母さんに何人も会いました。
 
 その際、講師を務めたのが、ノンフィクション作家の北村年子さん。今回ご紹介する本の著者です。以前は、ご自身、不登校の子を持つ親として、本紙にコラムを連載していただいたこともあります。
 
 終了後、会場を後にするお母さんの顔を見ると、目のまわりを赤くし、鼻をすすっている方がいました。なかには「来たときよりも気持ちが楽になりました」と声をかけてくれる方も。私が初めて北村さんの講演を聞いたときには「何か魔法でも使ったんじゃないか」と驚いたのをおぼえています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

書評『「ニート」って言うな!』

208号 2006/12/15

書評『欲ばり過ぎる日本の教育』

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...