不登校新聞

414号 2015/7/15

【公開】親参加型の講演会、宮崎で開催

2015年07月14日 12:22 by shiko




 7月4日、宮崎県KITENビルにおいて講演会「不登校からの進路」(本紙主催/助成・倶進会)を開催。講演会を宮崎県で開いたのは、本紙が現地の親の会やNPOとのつながりが薄いためだったが、当日は想定の30人を上まわる65名が参加した。
 
 講師は本紙編集長・石井志昂。学力、進学先のみで「進路」を考えるのではなく、子ども、親が支えられるツールを「溜め」と表現し、「親子が支えられる『溜め』がどれぐらいあるかを整理し、考えていくほうが現実的だ」と話した。
 
 また、講演会第2部では、ワークショップを取りいれた講演を実施。講師の石井が不登校中に感じていたことをクイズ形式で紹介。参加者は数人のグループになって討議し、意見を深めた。
 
 本紙ではさまざまな地域で講演会を実施する予定。11月8日は石川県金沢市で講演会を開く予定。

関連記事

不登校だけど働けますか? 人事採用担当者に聞く、不登校からの就職【無料イベント開催】

506号 2019/5/15

不登校・ひきこもりイベント情報

506号 2019/5/15

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...