不登校新聞

414号 2015/7/15

親は子どもの苦しみを感じる生き物 田口ランディ

2015年07月14日 12:28 by kito-shin


親は笑っていればヨシ!vol.4


 友人の息子さんは、高校に入ってからすぐに不登校になり、通信制の高校に転校したと言う。その、通信制高校は絶対に落第をさせないかわりに、2年生に進級するとき、1年のときの学費と2年の学費を支払うのだそうだ。
 
 初めて聞く話だったのでびっくりしたが、通信制の高校にはいろんなシステムがあるという。
「ぜんぜんヤル気がなくて、ほんとうにたいへんだったわ」
 
 3倍の学費を払ってやっと卒業したそうだ。勉強をしなければしないでお金がかかる世の中らしい。その息子さんも、今は働いているという。
 
 「そもそも、どうして不登校になったの?」
 
 友人は、よくぞ聞いてくれました、という感じで身を乗り出して来た。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

漂流少女 田口ランディ

420号 2015/10/15

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...