不登校新聞

414号 2015/7/15

数百を超す「不登校取材」のなかでも、とくに切なくなった取材の話

2015年07月14日 12:34 by shiko
2015年07月14日 12:34 by shiko



 「あんた、それ以上、ダメになってどうすんの」
 
 不登校気味だったある子が親にそう言われたそうだ。数百を超える取材のなかでもっとも思い出したくない取材だ。いまでも胸をかきむしられるような気持になる。
 
 その取材は、やや特殊な取材だった。ある通信制高校がスポンサーとなった「広告記事」を作成するための取材。つまり記事を書いて載せるだけで、数万円程度のお金がもらえる。自慢して言うことではないが本紙もお金はない。ふって湧いたような広告記事の話を私は「やるべきだ」と思った。いつもと同じ取材をすればいい、と。
 
 先方と打ち合わせをし、現場に向かい、取材相手の女子高生と向き合った。
 
 「不登校当時、どんな状況でした?」
 
 いきなり聞いてしまったからか、彼女はやや委縮しながら、トツトツとしゃべり始めた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「いっしょにごはん食べないか?」高校3年間の不登校が終わるきっかけは父からのメールだった

596号 2023/2/15

「避難者であることを隠して生きよう」原発いじめに苦しんだ小学生の決断【全文公開】

596号 2023/2/15

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…