不登校新聞

414号 2015/7/15

取材後記 なぜ人は“母”から逃れられない?

2015年07月17日 10:36 by kito-shin

田房永子さんへの取材前の打ち合わせのようす

 いま「毒親」という言葉が流行っている。「毒親」とは「自分にとって毒になる部分のある親」のこと。この言葉をめぐる議論から今号の田房さんの取材につながった。企画者は田子つぐみ。取材でなにを感じたのだろうか。(田房さんへのインタビュー本文はこちら)

 私はいわゆる「毒親育ち」だ。類は友を呼ぶというが私の友だちも同じ境遇の人が多い。
 
 親に怒りを抱えたり傷つけられながらも、親との距離を置けずに苦しんでいる友だちを見て、私は彼女らになんと言葉をかけるべきか知りたかった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

姉として何ができる? きょうだいが不登校になったとき【不登校当事者手記】

484号 2018/6/15

学校に行かないってどんなこと?【不登校経験者・親の講演抄録】

484号 2018/6/15

私の生きづらさと孤立感【子ども若者編集部コラム】

484号 2018/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...

483号 2018/6/1

学校で「これがイヤだった」という明確な理由はないんです。ただ、小さな「イヤ...

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...