不登校新聞

215号 2007/4/1

声 今までにないステキな卒業式

2015年08月05日 17:16 by kito-shin



 先日、次男の県立通信制高校の卒業式に出席した。長男も同じ高校へ通っていたのだがそのときには式に参加できなかったので、ぜひ参加してみたかった。なぜかというと、卒業生の保護者の方々が「ほんとにいいよ」と言っていたからなのだ。
 
 県立通信制高校は自学自習の考えが貫かれており、出席日数の管理や授業の出席に関してもほとんど教師からの指示がない。自己決定、自己責任の学校だった。
 
 この高校は年齢も国籍もさまざまで、朝鮮学校の制服や海上自衛隊術科学校の生徒のバリッとした制服と白い手袋が印象的だ。卒業生の席には幼児の姿やベビーカーも見える。障がいを持っておられる方も、サラリーマン風な人も、おばさまもみんな卒業生。スーツ、着物、普段着の人と服装もさまざま。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

親の会で『お母さんも楽しんで』と言われても楽しみ方がわからなかった

536号 2020/8/15

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...