不登校新聞

300号(2010.10.15)

「私たちの現在地」鬼頭信さん(22歳)

2013年05月28日 16:02 by kito-shin
 学校基本調査によれば、現在、不登校をしている児童生徒はおよそ12万人。不登校の児童生徒が増え始めたのは1975年ごろからだが、その当時は1万人あまりだった。それから30年以上がすぎたが、不登校をめぐる状況は、当事者にとってどのように変化してきたのか。10代、20代の当事者、40代の不登校経験者であり、不登校の子を持つ母親にお話をうかがった。

"大人になれなかった”鬼頭信さん(22歳)


――いつから不登校を?
 小学校4年生のときに1カ月半ほど不登校をして、その後、小学校5年生のときにいったん学校に戻ったのですが、また中2から不登校をしました。その後、いまに至るまでどこにも所属はしていません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「入学式は行く」と決意したのに、まったく行けなかった私の不登校

527号 2020/4/1

「つらい仕事のイメージを変えたい」不登校で学んだ自己決定を支えに

527号 2020/4/1

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。