不登校新聞

416号 2015/8/15

かがり火 森英俊

2015年08月18日 15:43 by kito-shin


 今年も暑い夏、そして終戦の日がやってきた。終戦の日は第二次世界大戦において、戦争が締結した日をさしている。日本では8月15日とされているが、アメリカやイギリスでは日本が降伏文書に署名した9月2日を「対日戦勝記念日」と呼んでいる。

 日本政府は8月15日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」として毎年、戦没者追悼式を主催している。全国各地でも終戦記念日に各地で平和集会が開催されている。二度と戦争を起こさないよう世界の平和を祈るためである。広島や長崎に投下された原子爆弾の被害についても、あらためて考えなければならない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの長期休み明け自殺 不登校の歴史vol.470

470号 2017/11/15

【公開】不登校・ひきこもりイベント情報

470号 2017/11/15

見守られているというのは大きな原動力

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...