不登校新聞

416号 2015/8/15

学びとは「不全感」より始まる 内田樹

2015年08月11日 12:20 by motegiryoga


生身をさらして皮膚感覚で


 思想家・内田樹さんにお話をうかがった。内田さんの不登校・ひきこもり観は示唆に富む。読者のみなさんからもぜひご意見をいただき、今後も考えていきたい。

――不登校・ひきこもりについてどう思いますか?(東京編集局・茂手木)
  今の時代だとしょうがないんじゃないかな。僕が今の時代の子どもだったら学校に行ってないですね。つまんないから。
 
 僕も高校を途中で辞めたんです。でもなんで辞めたのか、今でも理由がよくわからない。とにかく急に辞めたくなっちゃった(笑)。 一つには満員電車に乗るのがイヤだったんですね。何万人もの人が同じ電車に乗って、同じ方向に向かっていく。そのなかに自分がいるというのがガマンできなかった。これに耐えると生き物としてダメになる、ここはガマンしちゃいけない、そういう身体的な直感に従いました。でも今になって思えば、それでよかったんだと思います。

学校でも家でも人は衰える


 ただ、僕は学校と家から「街へ出た」のであって、ひきこもったわけじゃない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ゲームに熱中する子に対して、してはいけない3つのタブー

534号 2020/7/15

『ツレがうつになりまして』の作者が苦しんだ自分への否定感

532号 2020/6/15

子どもと学校に尽くしてこそ「母親」というイメージがつらい

530号 2020/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...