不登校新聞

416号 2015/8/15

9月1日の子ども自殺に思う「学校絶対が命を奪う」 奥地圭子

2015年08月11日 12:57 by kito-shin



 内閣府の調査により学校の長期休み明けに子どもの自殺が突出して多いことが明らかになった(本紙415号)。まもなく2学期初日を迎える。私たちには何ができるだろうか。本紙理事・奥地圭子が執筆。


 辛淑玉さんが、子どもへの強烈なメッセージをお書きくださった。そこで私は、子どものまわりにいる大人に届けたい。
 
 「東京シューレ」を開設して30年になる。悲しいことに、どの年も9月1日前後の子どもの自殺がかならずあった。新聞で報道されたものばかりではない。私たちだけが知ったものもあった。多くは、いじめが絡んでの自殺だ。
 
 いじめ自殺の場合、いじめの内容や学校側の指導や対策などが問題とされてきた。もちろん、それも大事だが、もう一つ大事なことがある。「いじめがあって学校が苦しいなら、学校を休んでよい、行かなくてよい」という考え方を子どもが持つことだ。子どものまわりの大人は、それを子どもに知らせる必要がある。
 
 なぜ、9月1日前後に自殺する子どもが突出して多いのか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校基本調査速報に見る、強まる投稿圧力 内田良子

201号 2006/9/1

論説 “心の非暴力”を 森英俊

202号 2006.9.15

論説 見つめるべき課題 明橋大二

205号 2006.11.1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...