不登校新聞

416号 2015/8/15

【公開】脳科学者・茂木健一郎、本紙登場へ

2015年08月11日 16:14 by shiko


 この秋『不登校新聞』には脳科学者・茂木健一郎さんが登場。「脳科学の見地から不登校を考えると、つまるところ……」と言って始めた不登校論。たいへん示唆に富むものでした。ぜひお見逃しなく。(不登校新聞社・石井志昂)

関連記事

協力者会議の最終報告 不登校の歴史vol.508

508号 2019/6/15

暑さ対策に学校は手を打てないものか

508号 2019/6/15

報道される側になって感じたセーフティネット【編集後記】

508号 2019/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...