不登校新聞

363号(2013.6.1)

メモ「子どもの貧困率」

2013年05月28日 14:30 by kito-shin
 日本の子どもの貧困率15・7%(09年)は、OECD参加国35カ国中9番目の高さ。320万人以上の子どもが貧困状態にある。その境目は、世帯収入が112万円以下の場合。12年6月のユニセフの報告によれば、北欧諸国やオランダの子どもの貧困率は7%前後、アメリカやルーマニアでは20%を超す。
 
 イギリスでは子どもの貧困対策にすでに取り組んでおり、一定の効果を出している。70年代に5%程度だった貧困率が90年代半ばには14%に達した。99年、ブレア首相(当時)が2020年までに子どもの貧困を撲滅すると宣言し、児童控除税額などに着手。05年には10%まで下がった。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...