不登校新聞

363号(2013.6.1)

『Fonte』読者オフ会in山形

2013年12月20日 18:07 by kito-shin
日 時 6月29日(土)、午後1時~4時
会 場 山形テルサ(山形)
最寄駅 JR山形駅より徒歩3分、駐車場270台有)
内 容 ①講演会「不登校その後、どうなるの?」
    ②交流会
講 師 石井志昂(本紙編集長)ほか
参加費 無料
申 込 http://www.futoko.org/event-form/
連絡先 東京編集局 (TEL)03-5963-5526 (FAX)03-5963-5527
   (メール)tokyo@futoko.org
申込み ①氏名②電話番号③人数を明記のうえ、東京編集局までご連絡ください。
備 考 どなたでも参加可能です

■講演テーマ「不登校その後、どうなるの?」


講師・石井志昂(本紙編集長)

 親であれば、「うちの子に将来はあるのか」「いつまで見守ればいいのか」など、多くの不安を抱えるかと思います。「子どもが何を考えてるかわからない」という状況もその不安を加速させます。
 
 そんなとき、親にできることは何か。不登校した私自身の実体験をお話するとともに、みなさんと「不登校その後」について、考え合いたいと思います。
(石井志昂)

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...