不登校新聞

緊急号外(無料)

私からのメッセージ 実業家・家入一真

2015年08月20日 16:51 by kito-shin



 張りつめていた気持ちが、夏休みでふっと抜けて、新学期でまた学校へ行かなきゃいけなくなったとき、心が折れてしまうんだと思う。
もう十分頑張ったじゃん。親や先生を気にして、無理に行かなくていいんじゃないかな。

関連記事

【追悼企画】樹木希林さん「がんのおかげで成熟した」

490号 2018/9/15

学校に行きたくないあなたへ 羽生善治

489号 2018/9/1

学校に行きたくないあなたへ 僕は君に生きてほしい

489号 2018/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...