公立には親も子もいろいろ


 本紙は「学校側の意見を載せてない」と、ときどき指摘されてきた。学校側の論理、良識に触れずに不登校を語っているのはよくない、とも。そこで不登校や現在の子どもの姿を現場の教員はどう感じているのか。公立小学校教員・黒木紀子さん(31歳/仮名)にうかがった。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。