不登校新聞

417号 2015/9/1

第417回 人権侵犯・いじめ・不登校

2015年08月31日 15:55 by kito-shin
2015年08月31日 15:55 by kito-shin



 3・11の東日本大震災のあった2011年は、子どもをめぐる状況は、どんなようすだったのだろうか。くしくも、と言ったらいいのかタイミングがそうだったということだが、3月11日、法務省は前年度の「人権侵犯事件」の状況概要を発表していた。
 
 目を引いたのは、学校に関わる人権侵犯であり、なかでも「学校におけるいじめに関する人権侵犯事件数」は、前年度の1・5倍、2714件が救済手続きの対象となった。これはいじめに関して学校の対応が不適切であるとして手続きが取られた件数であるが、前年度より930件増え、過去最多となった。
 
 教員は子どもの人権を守る立場のはずが「教職員における人権侵犯事件数」も報告され、前年より206件増え、計1159件となり、やはり過去最多となった。たとえ1件でも、強い立場にいる教員が弱い立場にいる子どもに人権を踏みにじるようなことをやるなんてとんでもないことだが1カ月あたり96件も全国で起こっているのである。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

596号 2023/2/15

編集後記

596号 2023/2/15

『不登校新聞』のおすすめ

595号 2023/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…