不登校新聞

418号 2015/9/15

科学的事実として不登校は  脳科学者・茂木健一郎

2015年09月11日 11:54 by kito-shin


 6月20日に行なわれた「不登校大学」(東京シューレ30周年記念事業)の講演録を掲載する。講師は脳科学者・茂木健一郎さん。脳科学者から見る不登校とは、何か。

 私はある時期、「学校に行かない夢」をよく見ました。夢のなかでは何カ月も学校に行っていない。「出席日数が足りない、学校に行かなきゃ」と思って恐怖心で目覚める。そういう夢です。
 
 今、私は研究所に所属していますが、研究所は「毎日通わなくていけない場」ではなく、かなり自由です。なんて言っちゃいけないのかな、まじめに通っている人もいるから(笑)。
 
 まあ、とにかく生活スタイルが変わり、「きちんと生きていない」という焦りがあるのか、無意識に世間からの圧迫感を感じていたのでしょう。それが夢にまで現れた。大人の私ですらそうなのですから、不登校の人が感じる圧迫感はたいへんなものだろうと想像しています。
 

多様な個性 上下はなし

 
 では、この不登校、どう捉えたらいいのか。
 
 脳科学の見地から言えば「不登校は脳の個性である」というのが結論です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

国から年間14万円支給されるってホント?~世界の「ホームエデュケーション」事情

459号 2017/6/1

本質と向きあう生き方を 原一男

232号(2007.12.15)

共謀罪は何が怖いのか 中村順英さん

203号 2006.10.1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...