不登校新聞

418号 2015/9/15

年間62億円を使って学校復帰?【文科省:概算要求】

2015年09月11日 16:43 by koguma



 文部科学省がすすめる不登校対策。毎年、どれくらいの税金が使われていると思いますか? 8月末に示された「概算要求」によれば、来年度は約62億円です。
 

概算要求っていったい何?

 
 そもそも「概算要求」とは何なのでしょうか。
 
 かんたんに言ってしまえば、「見積書」です。各省庁が「来年はこれぐらい予算がほしい」という金額を積算根拠とともに、毎年8月31日までに、財務省に提出します。秋ごろをめどに財務省により査定され、年末の閣議決定などを経たのち、翌年の通常国会で審議されて予算として成立する。これが大まかな流れです。
 

62億円って何に使うの?

 
 62億円の予算のうち、もっとも多く割かれているのが「外部専門家の活用による教育相談体制の整備・関係機関との連携強化」という事業です。「学校現場に関わるスクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーを増やす」「教育支援センター(適応指導教室)の機能強化と新設」といった従来の取り組みを拡充するもので、約59億円が必要だと試算しています。
 
 このことから、文科省は今後も「学校復帰」を前提とし、不登校対策における「早期発見・早期対応」の姿勢を変えるつもりはない、ということが見えてきます。
 

フリースクール等研究調査に5億

 
 一方、新たな動きもあります。「フリースクールなどで学ぶ子どもへの支援策の試行とその効果を検証すること」を目的とした新規事業には、約5億円計上されています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

県内100カ所以上の不登校の相談先を網羅、千葉県教委が冊子作成

554号 2021/5/15

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...