「プロ野球選手になりたい」。私はこの夢に支えられ、この夢で人生を大きく展開することができた。
 
 小学2年生から不登校になり、今も昔も不登校になった理由をよく問われるが、その理由はない。強いて言うならただただ「学校」というところが嫌いで行きたくない場所だったから。
 
 母親は私と姉が不登校だったため、悩みはて、うつ病にもなっていた。今思えば、わがままの延長線上だったようにも思うし、親には申し訳ない気持ちもあるが、元不登校であったことは、今は大きな誇りにもなっている。
 

"プロ野球選手” 夢が原動力に

 
 私は、中学校入学とともに突然通学できるようになった。不登校になったときとは異なり、通い始めたことには明確な理由がある。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。