不登校新聞

214号 2007/3/15

岡崎ホームレス襲撃事件 家裁の「長期収容」を是正

2015年09月24日 15:27 by kito-shin


  2006年11月、愛知県岡崎市で発生したホームレス連続襲撃事件で補導された当時13歳少年(審判時14歳)に名古屋家裁岡崎支部は2007年1月15日、「短くとも4年以上の相当長期処遇」の処遇勧告つきで初等少年院送致決定をした(本紙211号に掲載)。
 
 この保護処分を不服として少年の附添人が抗告を申し立て、名古屋高裁は2007年2月23日抗告を棄却した。しかし、高裁は決定の理由中に、「少年は14歳になって間がなく、社会性の未熟さも本件非行の大きな要因の一つであることにかんがみると、今後の教育、指導によって少年がどのように変わるかについては未知数である。成長の度合いによっては、予定より早く社会内に戻して自立の準備をさせることが可能となるような状況が生まれることも考えられる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小中高校でのいじめは61万件超 文科省が2019年度調査結果を発表

542号 2020/11/15

小学生の120人に1人が不登校、不登校過去最多の18万人超え

542号 2020/11/15

いじめ・不登校対応に76億円 文科省が21年度概算要求を発表

541号 2020/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...

544号 2020/12/15

いまの子どもの自信を奪っているものはなにか。これが私のライフテーマでした。...