不登校新聞

214号 2007/3/15

岡崎ホームレス襲撃事件 家裁の「長期収容」を是正

2015年09月24日 15:27 by kito-shin


  2006年11月、愛知県岡崎市で発生したホームレス連続襲撃事件で補導された当時13歳少年(審判時14歳)に名古屋家裁岡崎支部は2007年1月15日、「短くとも4年以上の相当長期処遇」の処遇勧告つきで初等少年院送致決定をした(本紙211号に掲載)。
 
 この保護処分を不服として少年の附添人が抗告を申し立て、名古屋高裁は2007年2月23日抗告を棄却した。しかし、高裁は決定の理由中に、「少年は14歳になって間がなく、社会性の未熟さも本件非行の大きな要因の一つであることにかんがみると、今後の教育、指導によって少年がどのように変わるかについては未知数である。成長の度合いによっては、予定より早く社会内に戻して自立の準備をさせることが可能となるような状況が生まれることも考えられる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...