不登校新聞

214号 2007/3/15

親手記 長くながくこもり一気に動き出した

2015年09月24日 16:04 by kito-shin
2015年09月24日 16:04 by kito-shin



 4年ぐらい前だったと思うが、「ひきこもりについて」の小冊子に、息子のことを書かせてもらったことがある。
 
 当時はまだ家から一歩も出ないときだったが、家のなかで楽しく過ごしていると書いたように思う。
 
 息子は、中1の秋からさみだれ登校で、2学期終わりには、すっかり行かなくなった。しばらくは、わが家も大混乱だったが、中2からは、とくに登校をうながすこともなく、ときが過ぎ、中2の終わりごろから、自分でコンピューターのプログラミングに興味を持ち、本屋で山ほど専門書を買い込んできて(このときも、ひとりでは外に出られなかったが)独学で勉強して、簡単なプログラムをつくっては、楽しむようになった。ときどきは主人の仕事を手伝って、こづかいをもらったりもしていた。
 
 高校受験のときは「行きたいところがないから」と進学せず、家にいることにした。パソコン、ゲーム、それに菓子づくりや、パンを焼いたり、学校から解放されて楽しく過ごしていた。
 
 高2年齢になり秋も深まったころ、「大検を受けようかな」と、突然言い出した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あなたは誰より大切だよ」不登校を経験した4児の母が、あのころ一番欲しかった言葉【全文公開】

624号 2024/4/15

「僕、先週死んじゃおうかと思ったんだよね」小5で不登校した息子の告白に母親が後悔した対応

623号 2024/4/1

「原因を取り除けば再登校すると思っていた」不登校した娘の対応で母がしてしまった失敗から得られた気づき【全文公開】

623号 2024/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…