不登校新聞

214号 2007/3/15

親手記 長くながくこもり一気に動き出した

2015年09月24日 16:04 by kito-shin



 4年ぐらい前だったと思うが、「ひきこもりについて」の小冊子に、息子のことを書かせてもらったことがある。
 
 当時はまだ家から一歩も出ないときだったが、家のなかで楽しく過ごしていると書いたように思う。
 
 息子は、中1の秋からさみだれ登校で、2学期終わりには、すっかり行かなくなった。しばらくは、わが家も大混乱だったが、中2からは、とくに登校をうながすこともなく、ときが過ぎ、中2の終わりごろから、自分でコンピューターのプログラミングに興味を持ち、本屋で山ほど専門書を買い込んできて(このときも、ひとりでは外に出られなかったが)独学で勉強して、簡単なプログラムをつくっては、楽しむようになった。ときどきは主人の仕事を手伝って、こづかいをもらったりもしていた。
 
 高校受験のときは「行きたいところがないから」と進学せず、家にいることにした。パソコン、ゲーム、それに菓子づくりや、パンを焼いたり、学校から解放されて楽しく過ごしていた。
 
 高2年齢になり秋も深まったころ、「大検を受けようかな」と、突然言い出した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...