不登校新聞

214号 2007/3/15

声 フツウを目指して「強迫神経症」に

2015年09月24日 16:16 by kito-shin
2015年09月24日 16:16 by kito-shin



 3月1日号の「ひと」欄・関本冬美さんの「心から『ふつう』に憧れていた」を読んで、気持ちがうごかされました。
 
 私も、中学時代「ふつう」に憧れていました。当時は、陰うつ・暗たん・閉塞・過剰な自意識をこねて丸めて人のかたちにしたような人間でした。
 
 それなのにまわりの人たちは、とっても楽しそうではありませんかっ。「なんでなのさ??」、あたしゃ、疑問でいっぱい。何とかラクに生きたい。その一心で答えを見つけました。「ああそうか、私は『ふつう』じゃない」。
 
 フ・ツ・ウ……、なんてすてきな響きでしょう。生きやすそうだし、心も体も軽い感じ。もちろん、「学校が好き」なのが、基本の「キ」なんでしょう。
 
 自信に溢れた態度、たくさんの友だち、弾ける笑顔、優秀な成績……、しあわせな結婚も安心な老後も、学校になじんだ「ふつう」の人であればこそ。
 
 自分の行くべき道を、大発見した私は、とりあえずカタチから入ることにしました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あなたは誰より大切だよ」不登校を経験した4児の母が、あのころ一番欲しかった言葉【全文公開】

624号 2024/4/15

「僕、先週死んじゃおうかと思ったんだよね」小5で不登校した息子の告白に母親が後悔した対応

623号 2024/4/1

「原因を取り除けば再登校すると思っていた」不登校した娘の対応で母がしてしまった失敗から得られた気づき【全文公開】

623号 2024/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…