不登校新聞

214号 2007/3/15

声 フツウを目指して「強迫神経症」に

2015年09月24日 16:16 by kito-shin



 3月1日号の「ひと」欄・関本冬美さんの「心から『ふつう』に憧れていた」を読んで、気持ちがうごかされました。
 
 私も、中学時代「ふつう」に憧れていました。当時は、陰うつ・暗たん・閉塞・過剰な自意識をこねて丸めて人のかたちにしたような人間でした。
 
 それなのにまわりの人たちは、とっても楽しそうではありませんかっ。「なんでなのさ??」、あたしゃ、疑問でいっぱい。何とかラクに生きたい。その一心で答えを見つけました。「ああそうか、私は『ふつう』じゃない」。
 
 フ・ツ・ウ……、なんてすてきな響きでしょう。生きやすそうだし、心も体も軽い感じ。もちろん、「学校が好き」なのが、基本の「キ」なんでしょう。
 
 自信に溢れた態度、たくさんの友だち、弾ける笑顔、優秀な成績……、しあわせな結婚も安心な老後も、学校になじんだ「ふつう」の人であればこそ。
 
 自分の行くべき道を、大発見した私は、とりあえずカタチから入ることにしました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...