不登校新聞

214号 2007/3/15

不登校当事者手記 先生についていかなければ生き残れない

2015年09月24日 16:34 by kito-shin


 今回は福岡県に住む19歳の不登校当事者(フリースクール「コスモスの会」所属)に執筆いただいた。

 いまの私があるのは、もしかしたら不登校のおかげなのかもしれません。
 
 いまでこそ、そう思えるようになりましたが、私にとって不登校というのは、暗く長いトンネルのようでした。
 
 そのきっかけは9年前、小学4年生になったばかりの私と、新担任であるひとりの先生との出会いから始まります。
 
 典型的な熱血先生だったその人は若いということもあって、みんなの「お兄さん」的存在としてあっというまにクラスをまとめ上げていきました。
 
 当初、私はクラスの中心人物として、その先生を強く慕うグループの一員でした。授業が終わるとすぐに教卓前に集まって話をしたり、昼休みにはかならず先生と外に出て遊んだりするなど、何をするにも先生といっしょでした。端から見れば、先生と児童のとても仲のよい、すばらしいクラスに映っていたと思います。
 
 思えばあのとき、「この先生についていかなければ、このクラスのなかで生き残れない」と、子どもながらに考えていたのかもしれない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

期待を抱いていた中学校生活で私を待ち受けていたのは

551号 2021/4/1

離縁するつもりで生きてきた私が15年ぶりに親と食事をした理由

550号 2021/3/15

無視、暴力、SNSでの悪口、経験者3名が語るいじめの昔と今

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...