不登校新聞

419号 2015/10/1

学級崩壊に近い状況が 森英俊

2015年09月30日 17:03 by kito-shin


 近所の小学校が学級崩壊に近い状況になっているという。小1のクラスで、急に席から立ちあがって騒ぎ出したり、同級生や担任に物を投げたりすると、担任から養護教諭を経て相談があった。

 保育園や幼稚園で比較的自由にすごしてきた子どもが、小学校に入って、自分の思うようにいかないと不安やストレスを爆発させて、そういう行為に出ることは知られているが、子どもの成育過程の問題か、もしくは教育環境がそうさせているのか、判断が難しいことがある。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

先生も指導も職員室もない「公立フリースクール」の実践を紹介

531号 2020/6/1

一進一退の状況のなかで 不登校の歴史vol.531

531号 2020/6/1

かがり火

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...