不登校新聞

419号 2015/10/1

多様な教育機会確保法 今国会での上程見送り

2016年07月21日 12:50 by shiko

議連総会のようす

 「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律案」(多様な教育機会確保法案)は、今国会の上程が見送られ、秋の臨時国会での成立を目指して各党内で議論されることとなった。同法案は、フリースクールや自宅などでの学校以外の学習を新たな教育制度として位置づけることなどが盛り込まれたもの。

 今後はまず、最大会派である自民党内での意見調整が図られる。
 
 その合意をもとに、フリースクールと夜間中学校の合同議員連盟が条文案を再校し、ふたたび各党での検討がなされる手筈となる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育機会確保法の現在地、学校外の居場所で起きている変化

534号 2020/7/15

フリースクールの適正評価とは、東京学芸大学研究班が示した提言

527号 2020/4/1

「多様法のこれから」を議論 不登校の歴史vol.511

511号 2019/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

558号 2021/7/15

コロナ禍で不登校が増えていると言われています。1年以上に及ぶ子どもたちはコ...

557号 2021/7/1

俳優やモデルとして活躍するゆうたろうさん。不登校だった際に苦しかったことや...

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...