不登校新聞

419号 2015/10/1

幸せは、態度で示そう! 田口ランディ

2015年09月30日 15:17 by kito-shin


親は笑っていればヨシ!vol.9


 心なんだ。事態は心でややこしくなる。友だちとうまくやれない、先生が苦手、学校が嫌い。心に湧いてくる不安が体を締めつけ、かったるくし、微熱を出す。
 
 学校に行くといじめられる。じゃあ行かなければいい。そうは言っても「行かなきゃいけない」と思うのは、複雑な感情が絡んでくるから。親との関係や環境のなかで生まれてくる不安が、体の苦痛をがまんさせる。葛藤で神経はよれよれ。体はくたくた。
 
 子どもが学校に行かないと不安になるのは親のほう。なぜ不登校に? 自分の育て方が悪いのか。子どもの将来はどうなる。未来のことなんか誰もわからないのに、どんどん時間を先取りして不安になる。親の不安な目が子どもの心に映る。そのことを親は気づかない。
 
 ひきこもって働きもせず、えらそうなことを言う。親に当たる。半人前のくせになにを考えているのか。意気地がない。弱気。なんでこんな人間に育ったんだろう、子どものころは明るかったのに。あんなに手をかけたのに。子どもへの怒りや悔しさも不安から。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

最終回 親は笑ってればヨシ! 田口ランディ

422号 2015/11/15

田口ランディ流 怒りの対処法

421号 2015/11/1

漂流少女 田口ランディ

420号 2015/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...