不登校新聞

420号 2015/10/15

かがり火 奥地圭子

2015年10月13日 13:07 by kito-shin
2015年10月13日 13:07 by kito-shin


 閑話休題。ここのところ、立て続けに2回落し物をした。一つは携帯電話である。気がついたらない。

 最初は落としたのかどうかもわからない。いつも入れているカバンの、ポケットとはちがう所に入れたかもしれない。手提げ袋の中、洋服、職場の机などもくまなく探した。私が立ち寄ったところに置き忘れていないか見てもらったり、私の電話を鳴らしてもらったり。「じつは家に置いたままかもしれない」と思い、自宅も探してみたが、結局見つからなかった。

 もう絶望的な気持ちになる。翌日、不正なことに使われたら困ると思い、携帯会社に電話して止めてもらった。心の中ではあきらめていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

595号 2023/2/1

編集後記

595号 2023/2/1

『不登校新聞』のおすすめ

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…