不登校新聞

420号 2015/10/15

東ちづる著『<私>はなぜカウンセリングを受けたのか』

2015年10月13日 15:08 by koguma



 女優・東ちづるさんの自叙伝です。本書がきっかけとなり、本紙でのインタビューならびに先日の緊急号外へメッセージをいただくことになりました。
 
 読み終えて、まず思ったのは、「カメレオンみたいな本だな」ということ。同じ出来事、同じセリフでも、読み手の立場によって、心にひっかかる部分もそこで感じる色味にも、これほどちがいが出る本というのはめずらしいと思います。
 
 というのも、東さんだけでなく、東さんのお母さん、そしてカウンセラーと、三者の視点が盛り込まれているからでしょう。東さんだけでなく、お母さんがカウンセリングを受けた際の記録も載っています。それにより、「生きづらさを凝縮した一冊」という一言では片づけられない、多彩な魅力に富む一冊になっています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

書評『「ニート」って言うな!』

208号 2006/12/15

書評『欲ばり過ぎる日本の教育』

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...