親は笑っていればヨシ!vol.10


 4月に大学に進学して一人暮らしを始めた娘が、退学して家に戻って来た。
 
 入学、引っ越し、家賃、仕送りその他、新生活の買い物など、この春はえらくお金がかかった。私は4年間の学費のためにいつもの3倍の仕事を受け、いまも、締め切りが怒濤のごとく押し寄せてあっぷあっぷしている。
 
 ああそれなのに、娘はこの夏休みに「学校は私に向かないということだけはわかった」と、すべてを引き上げ出戻って来たのである。これにはぶったまげた。
 
「じゃあ、これからどうするの?」
 
「うーん。しばらくのんびりしたい」
 
 バイトもしたくない。もう受験もしたくない。家でごろごろしたいとのこと。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。