不登校新聞

420号 2015/10/15

評価される場が死ぬほど怖い 当事者手記

2016年05月15日 11:12 by kito-shin
2016年05月15日 11:12 by kito-shin


 僕はこれまで、「自分の履歴書をどこかに提出する」「アルバイトの面接を受ける」という経験をしたことが一度もありません。「評価」を受ける場に行くとなると決まって、死を意識するほどの恐怖感に襲われるからです。
 
 僕はある事情から、登園拒否をしました。その後、小学校に進むと、同級生からいじめを受けるようになりました。登園拒否をしたことをやり玉にあげられ、学級会では僕が何か言うたび「登園拒否した奴の話なんて聞くな」と一蹴されてしまうんです。いじめの対象から免れたいとの一心で、僕よりいじめられていた子を、僕自身もいじめることで、自分への矛先をそらそうとしたこともありました。
 

夜間中学をすすめられ

 
 中学生になってからも、いろいろありました。担任からは「中学を卒業してしまうと、夜間中学校に行けなくなるから」と、僕の意思とは関係なく、夜間中学に移るようにすすめられたこともありました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

「この人に会えたら変われる気がした」7年ひきこもりした男性が憧れの人に出会うまで

595号 2023/2/1

優等生の僕に起きた異変 突然の体の不調は「もう限界」のサイン

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…