不登校新聞

351号(2012.12.1)

不登校インタビュー 氏家優希 18歳

2014年05月14日 14:20 by koguma

不登校体験、いじめのトラウマ
不安が僕のスタート地点

 今回の子どもインタビューは、フリースクール「東京シューレ」に通う氏家優希さん。不登校のきっかけやいじめの体験などをうかがった。

――不登校のきっかけは?
 きっかけはいじめで、小学生のころからシカトされたり、バイ菌扱いされたり、蹴られたりしてて、中学生になっても続きました。
 学校に行かなくなったのは中学1年生の秋です。お弁当を好きな子どうしで食べるわけですが、僕はずっと一人で食べてたんです。見かねた担任がほかのグループにいれようとするけど、あきらかに拒絶する雰囲気があって。そのとき、ふと思ったんです。「誰にも必要とされない状況が3年も続くなら時間のムダじゃないか」って。


――ご両親の反応は?

 「お腹が痛い」っていう理由で最初は休めたんだけど長く通用するわけもなく、5日目で母親の堪忍袋の緒が切れました(笑)。そこで初めて、中学校でのことを打ち明けたんです。僕は母子家庭で、母親は小学校時代のいじめを知っていたから、それから数週間は家にいることを許してくれましたが、ときどきヒステリックになるときもあって。

 それからは父方の祖父母の家で暮らすようになりました。祖父母はいろんなところに連れて行ってくれたし、本当によくしてくれたけど、いつも申し訳ない気持ちでいっぱいでした。学校に行ってれば苦労かけなくて済むことはわかっている。けれど、行けばいじめられるとわかっている学校には二度と行きたくない。どうしたらいいのかわからない。当時は毎日、「学校に行くか死ぬか」の二択で悩んでいました。でも、祖父母の家で自殺なんて、さらに迷惑をかけることになるからそれもできず、すごくつらかったです。不登校をしてからフリースクールに入るまでの5カ月間はそんな毎日でした。

――フリースクールで何か変わりましたか?
 とくにないかな。というのも、入る前も入った直後も、そしていまも不安でいっぱいなんです。とくに同年齢の人たちは高認取ったり、大学に行ったり、自分の進路を決める人たちもいて、「自分は本当にこれでいいのかな」って焦ります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...