不登校新聞

213号 2007/3/1

少年犯罪1万人以上減

2015年10月21日 12:29 by kito-shin


 警察庁が2006年の「非行少年等の概要」をまとめ、2006年の少年の検挙人員数やいじめに絡む事件数などが発表された。警察庁によると児童虐待は297件、いじめに絡む事件は233件で、増加した。刑法犯少年数や14歳未満触法少年数は例年通り、減少した。

 2006年、刑法犯で検挙された少年(14歳以上20歳未満)は1万人以上減り、11万2817人で3年連続の減少。14歳未満で刑法に触れた少年の補導人員は1万8787人で前年より減少した。罪種別でみると、20歳未満の凶悪犯(殺人、強盗、強姦、放火)は1395件で4年連続減。過去に凶悪犯数が最も多かったのは1960年の8112件。当時の6分の1程度にまで凶悪犯罪の件数が減った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...