不登校新聞

328号(2011.12.15)

声「326号 充実してました」

2013年07月30日 11:45 by kito-shin


 フォンテをいつも枕元に置いて、夜中に少しずつ読んでいます。  326号も、とても充実した内容ですね。モコさんの連載では「つまづいても大丈夫、と言ってもらいたい」という言葉は、私たち家族や周囲の人たちが、発達障害を持っている当事者の方々に接するうえで、とても大切なキーワードのように思います。
『こうならないように、気をつけよう』っていうアドバイスがほとんどですから、当事者の方々は(うちの息子も含めて)、よけいに意識しすぎてしまい、さらに緊張してしまいます。モコさんのおっしゃる意味が、とてもよくわかります。『そのままでいいからね!』『人間関係につまづいたって、そんなの気にしないでいいよ、あなたが悪いわけでもないし、発達障害が悪いわけでもないよ』って、そういう温かい眼差しで、一人の人間の個性として捉えたいです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...