不登校新聞

212号 2007/2/15

学力格差を広げる政策 教育再生会議のココが問題

2017年04月20日 15:20 by kito-shin



  学力向上策として、授業時間の10%増加、教科書を厚く、習熟度別クラス、土曜補習、全国学力テストを実施するという。この施策のすべてを、英米では約20年前から行なってきた。現在どうなっているか。
 
 ロンドン・タイムズ(2003年7月2日)によると、ユネスコの15歳の読書能力国際調査で、イギリスの子の成績上位者の成績は上がったが、下位者は下がり、成績格差が広がった。成績格差が少ないのはフィンランド、カナダ、スウェーデンなど、貧富の格差が少ない国であるという。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...