不登校新聞

212号 2007/2/15

学力格差を広げる政策 教育再生会議のココが問題

2017年04月20日 15:20 by kito-shin



  学力向上策として、授業時間の10%増加、教科書を厚く、習熟度別クラス、土曜補習、全国学力テストを実施するという。この施策のすべてを、英米では約20年前から行なってきた。現在どうなっているか。
 
 ロンドン・タイムズ(2003年7月2日)によると、ユネスコの15歳の読書能力国際調査で、イギリスの子の成績上位者の成績は上がったが、下位者は下がり、成績格差が広がった。成績格差が少ないのはフィンランド、カナダ、スウェーデンなど、貧富の格差が少ない国であるという。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

通信制高校の生徒数過去最多。高まるニーズの一方で懸念の声も

538号 2020/9/15

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...