不登校新聞

212号 2007/2/15

学力格差を広げる政策 教育再生会議のココが問題

2017年04月20日 15:20 by kito-shin



  学力向上策として、授業時間の10%増加、教科書を厚く、習熟度別クラス、土曜補習、全国学力テストを実施するという。この施策のすべてを、英米では約20年前から行なってきた。現在どうなっているか。
 
 ロンドン・タイムズ(2003年7月2日)によると、ユネスコの15歳の読書能力国際調査で、イギリスの子の成績上位者の成績は上がったが、下位者は下がり、成績格差が広がった。成績格差が少ないのはフィンランド、カナダ、スウェーデンなど、貧富の格差が少ない国であるという。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いま不登校支援のあり方が変わる、文科省が新しい通知を発表

518号 2019/11/15

公的資金などを求め「東京都フリースクール等ネットワーク」設立

518号 2019/11/15

不登校は過去最多16万人、統計史上2番目に多い増加

517号 2019/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...