不登校新聞

212号 2007/2/15

自立支援法成立後、負担増でサービス中止1600人

2015年10月23日 15:10 by kito-shin
 2007年2月6日、福祉サービスにおいて、原則1割の自己負担を求める障害者自立支援法による影響について、厚生労働省が初めて全国的な調査を行なった。その結果、1600名あまりが「自己負担増」を理由に福祉サービスを中止していた。

 具体的な質問内容としては、自己負担を理由とする入所・通所サービス、居宅サービスの中止および利用回数の制約などが聞かれた。
 
 2006年10月23日に行なわれた先般の調査では、14府県を対象に利用中止者の割合は0・39%という結果が出た。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...