不登校新聞

212号 2007/2/15

自立支援法成立後、負担増でサービス中止1600人

2015年10月23日 15:10 by kito-shin
 2007年2月6日、福祉サービスにおいて、原則1割の自己負担を求める障害者自立支援法による影響について、厚生労働省が初めて全国的な調査を行なった。その結果、1600名あまりが「自己負担増」を理由に福祉サービスを中止していた。

 具体的な質問内容としては、自己負担を理由とする入所・通所サービス、居宅サービスの中止および利用回数の制約などが聞かれた。
 
 2006年10月23日に行なわれた先般の調査では、14府県を対象に利用中止者の割合は0・39%という結果が出た。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いま不登校支援のあり方が変わる、文科省が新しい通知を発表

518号 2019/11/15

公的資金などを求め「東京都フリースクール等ネットワーク」設立

518号 2019/11/15

不登校は過去最多16万人、統計史上2番目に多い増加

517号 2019/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...