不登校新聞

212号 2007/2/15

わが家の場合「お母さん、ペットを飼うには何が必要?」

2015年10月23日 15:41 by kito-shin


 どうして不登校に「漬け物?」と、思われるかもしれませんが、まぁさて置き、私は数年前から、梅干し、ラッキョ、奈良漬けなど、漬け物づくりを楽しんでいます。
 
 子どもに「今どき、こんなことしている人いないよ」と、からかわれます。また、私自身も勤めに出て忙しいのに、まあめんどうなことを、と思うのですが、漬けた物をきれいに封をし、表に「○月×日漬け」と、メモをし、数カ月間じっくり待って、初めてひもをとき、味見をするときのワクワク感は、格別です。これら漬けた漬け物を子どもたちは、ほとんど口にしないのですけれどね。まあ、今のところは、姑への土産と、自己満足ぐらいです。
 
 日本の漬け物は、おもしろいもので、かんたんに言えば、塩と重石と時間で、できているような気がします。なかでも、塩は、すごいもので、塩加減一つで、微妙に味がちがってきます。また、保存を長くも短くもできます。まさに、いい塩梅ですね。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「すべてがストップしてしまう」息子が不登校になって心配だったこと

539号 2020/10/1

心療内科では何も変わらず、不登校の親の会で心がほぐれた

538号 2020/9/15

「これからどうする」と聞かれても親だって困る【祖父母と孫の不登校】

537号 2020/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。