不登校新聞

212号 2007/2/15

不登校にさせて申し訳ない?

2017年04月20日 15:18 by kito-shin


 不登校になった子どものつらさがわかるようになった親のなかには「もっと早く子どものつらさに気づいていたら、子どもを不登校にさせないですんだのに。不登校にして申し訳ない」と言う親がいます。子どもに優しい親は、子どもを苦しめたという意味で、子どもを不登校にしたことを後悔しています。
 
 親は子どもの将来を考えて子どもに関わっていきます。多くの親が親なりの愛情を注いで、子どもを育てています。子どもも親の愛情を感じて、その子どもなりに成長しています。その子どもなりに社会に出て行きます。その子どもの属する社会の一つが学校です。
 
 元来、学校は子どもの要求に応えて、子どもの能力を伸ばす所でした。ところが時代の経過とともに、子どもたちは学校の要求に従わなければならなくなっています。それでもまだ、その子どもなりに過ごせる場所と時間があったうちは、そこでその子どもらしさを取り戻せて、学校で元気に生活できました。
 
 現在の子どもは四六時中、管理されています。子どもがその子どもらしく過ごせて、息を抜けるところがありません。その子どもらしさを発揮できるところがありません。子どもらしさが発揮できる場所や時間を大人がつくっても、やはり管理されています。子どももよい子を演じて、一見、子どもらしくふる舞いますが、心のなかではつらさが続いています。子どもはとてもストレスに弱い状態になっています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者の声「手紙って」

192号(2006.4.15)

読者の声「頭が痛い父親問題」

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...