不登校新聞

212号 2007/2/15

第212回 ほしいのは「仲間」と「情報」

2015年10月23日 16:08 by kito-shin



 ホームエデュケーションの拡充を目的に、全国ではじめて93年の2~3月にかけて行なわれた不登校家庭への調査の詳細については『不登校の子どもたちは家庭でどうしているか』(教育資料出版会)にまとめられている。
 
 ここではその要点を簡潔に三つあげ、話を進めていきたい。一つ目に、まず調査者にとって鮮烈だったのは、学校に行かずに家庭で過ごしている子どもたちが家庭を基盤にして、じつにさまざまな活動をしているということだった。家庭での過ごし方では、ただテレビゲームやマンガに興じているだけでなく、各家庭に次第に普及してきたパソコンを通して、年齢や性別を問わず、さまざまな事柄に興味や関心、問題意識を持っていたことがわかった。
 
 二つ目に、家庭環境、とくに親の不登校に対する意識やそれにともなう言動が、在宅で過ごす子どもたちに大きな影響を与えているということである。不登校の子どもたちが、比較的伸びやかに過ごせている場合、親が子どもの不登校に対して大きな理解を示しているという調査結果が出た。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...