不登校新聞

212号 2007/2/15

文科省が体罰の範囲を通知 起立、教室外退去は容認

2015年10月23日 16:46 by kito-shin


 文科省は2007年2月5日、教室外への退去など、体罰にあたらない範囲を明確にする通知を全国の教育委員会などに出した。また通知は「犯罪行為の可能性がある場合は直ちに警察に通報し、その協力を得る」など、問題行為への毅然とした対応」も求めた。

 通知は、学校の秩序を破壊し、他生徒の学習を妨げる暴力行為に対しては「出席停止や懲戒の措置も含め、適切な措置を講じる」ことを求めた。また、体罰にあたるか、懲戒に当たるかは「機械的に判断することは困難であり、そのことがややもすると指導に過度の萎縮を招いている」との指摘があることも挙げた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...