不登校新聞

212号 2007/2/15

文科省が体罰の範囲を通知 起立、教室外退去は容認

2015年10月23日 16:46 by kito-shin


 文科省は2007年2月5日、教室外への退去など、体罰にあたらない範囲を明確にする通知を全国の教育委員会などに出した。また通知は「犯罪行為の可能性がある場合は直ちに警察に通報し、その協力を得る」など、問題行為への毅然とした対応」も求めた。

 通知は、学校の秩序を破壊し、他生徒の学習を妨げる暴力行為に対しては「出席停止や懲戒の措置も含め、適切な措置を講じる」ことを求めた。また、体罰にあたるか、懲戒に当たるかは「機械的に判断することは困難であり、そのことがややもすると指導に過度の萎縮を招いている」との指摘があることも挙げた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

和解成立も原告からの話し合いを市が拒否【愛知県大府市いじめ裁判】

514号 2019/9/15

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...