不登校新聞

421号 2015/11/1

ひきこもり時給2000円 ひきこもり支援~美容室や歯医者が大事なワケ

2015年10月29日 12:22 by kito-shin


連載「ひきこもり時給2000円」vol.15


 10月8日(木)と23日(金)に、横浜で「ひきこもり×おしゃれカフェ」というイベントが行なわれました。これは、ひきこもり状態にあったり、対人関係の難しさを感じているなど、さまざまな生きづらさを抱えている方を対象に、メイクやコーディネートの方法を知ってもらい、外に出るための一歩を踏み出すきっかけづくりをサポートするという内容。「メイクなんてしたことない」「メイクやファッションに興味はあるけど自信がない」「お金はあんまりないけどおしゃれをしてみたい」という人向けの企画です。
 
 こういう内容の企画、潜在的なニーズはかなりあると思います。長く家にひきこもっていたり、人と会う機会が減ると、身なりを整えることが億劫になり、外見に引け目を感じることが増えてきます。「渋谷や新宿みたいなところには(おしゃれな人が多くて引け目を感じるので)行けない」という声は僕もデイケアなんかでよく耳にしたし、実際、僕も同じような気持ちを抱いていました。
 
 また、「外に出かけたくても着ていく服がない」という人もいます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「答え」は「どこか」でなく「ここ」にある ひきこもり時給2000円最終回

448号 2016/12/15

今だから話せるコト~一番つらい時期になぜ死にたくなったのか ひきこもり時給2000円

447号 2016/12/1

母に直接聞いてみた~僕がひきこもっているときに何を考えてた?

446号 2016/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...