不登校新聞

421号 2015/11/1

創刊「子どもNPO白書2015』 過去から未来を感じる一冊

2015年10月29日 12:47 by koguma



 『子どもNPO白書2015』が9月30日、創刊された。日本全国で子ども支援に関わるNPO(以下、子どもNPO)の活動実践を白書として出版するという、日本初の試みだ。編集にあたったのは、NPO法人「日本子どもNPOセンター」である。
 
 本書は3部構成になっている。第Ⅰ部では、「子どもの権利条約」「子どもの貧困」「発達障害」など、子どもNPOを取り巻く7つの動向について、各分野の専門家が論じている。
 
 第Ⅱ部では、28の団体が各々の活動実践について紹介。第Ⅲ部は資料編として、「児童福祉法」や「改正教育基本法」といった関連法規の解説がまとめられている。まずは総論として現状をおさえ、個別の活動実践やデータを読み進めるとともに、適時、関連法規の知識も補完できるようになっている。文体も「ですます調」で統一されており、読みやすさについて大小さまざまな工夫がなされている。
 

過去から未来感じる1冊

 
 なかでも、ひときわ目を引くのが、28団体の活動実践が紹介されている第Ⅱ部である。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

伝説の娼婦「ヨコハマメリー」【映画評】

195号(2006.6.1)

まんじゅうプロブレムが怖すぎる “今のPTA問題”をまとめた一冊

494号 2018/11/15

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...