不登校新聞

421号 2015/11/1

「近所にある?勉強は?学費は?」全国初のフリースクール公式調査

2015年11月02日 11:12 by koguma


 不登校の子どもを対象としたフリースクールは全国に474カ所あり、4196人の小中学生が通っている――。今夏、文科省が発表した調査結果により、日本のフリースクールの実態が明らかになりました。
 
 「フリースクールって、名前ぐらいは聞いたことあるけど…」という方もいらっしゃると思いますので、今回の調査結果を「不登校の子どもを持つ親が気になること」を中心に見ていきます。
 
 「自宅から通えるフリースクールはないか」と、インターネットなどで探された方も多いと思います。しかし、日本のフリースクールは極めて都市部に集中していることが今回の調査でも裏付けられました。
 
 もっとも多かったのは「東京」の54団体。その後は、「神奈川」「大阪」「北海道」と続きます。逆に「岩手」「群馬」などの5県では1団体と、地域差が大きいことが明らかになりました。
 

"子どもの学習”
9割が個別対応

 
 また、フリースクールでの「学習」はどうなっているのでしょうか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめ・不登校対応に76億円 文科省が21年度概算要求を発表

541号 2020/11/1

通信制高校の生徒数過去最多。高まるニーズの一方で懸念の声も

538号 2020/9/15

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...