不登校新聞

421号 2015/11/1

「近所にある?勉強は?学費は?」全国初のフリースクール公式調査

2015年11月02日 11:12 by koguma


 不登校の子どもを対象としたフリースクールは全国に474カ所あり、4196人の小中学生が通っている――。今夏、文科省が発表した調査結果により、日本のフリースクールの実態が明らかになりました。
 
 「フリースクールって、名前ぐらいは聞いたことあるけど…」という方もいらっしゃると思いますので、今回の調査結果を「不登校の子どもを持つ親が気になること」を中心に見ていきます。
 
 「自宅から通えるフリースクールはないか」と、インターネットなどで探された方も多いと思います。しかし、日本のフリースクールは極めて都市部に集中していることが今回の調査でも裏付けられました。
 
 もっとも多かったのは「東京」の54団体。その後は、「神奈川」「大阪」「北海道」と続きます。逆に「岩手」「群馬」などの5県では1団体と、地域差が大きいことが明らかになりました。
 

"子どもの学習”
9割が個別対応

 
 また、フリースクールでの「学習」はどうなっているのでしょうか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...