不登校新聞

421号 2015/11/1

かがり火 多田元

2015年10月30日 11:32 by kito-shin



 フリースクールなど学校外の場での学習も義務教育制度に位置づける「多様な教育機会法案」は国会上程が見送られ、さらに議論を深める機会を得たかたちになった。

 一方、法案を主導してきた馳浩氏の文科相就任で拍車がかかると観測される。文科相は文科省内に「一億総活躍社会推進本部」を設置、本部長を務めることを表明し、不登校などへの対策や、総理から指示があった子どもたちの個性を伸ばす教育や多様な場で子どもたちが自信をもって学べる環境を整備するという。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...