不登校新聞

211号 2007/2/1

いじめ自殺、7年間で2件のみ 文科省調査

2015年11月04日 15:08 by kito-shin



 いじめを苦にした自殺の報道や国会での指摘を受け、文科省は実態把握を目指して、再調査を実施した。調査の結果、1999年度から2006年度の8年間で起きた14件の自殺については、いじめの事実を認めたが、「いじめを自殺の主たる理由」とするケースは3件にとどまった。これを受け、これまで発表していた7年間(1999年度から2005年度)のいじめ自殺件数を「ゼロ」から「2件」に修正した。今回の再調査などを受け、調査方法や「いじめ」定義の変更案なども発表された。

 文科省が全国の公立の小中高校を対象に毎年実施している「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」によると、2005年度のいじめ件数は2万143件(前年度比7・1%減)で、1995年度以降、減少傾向にある。また、いじめ自殺も1998年度から7年連続で「ゼロ」が続いた。同調査は、各教育委員会を通じて学校の「自己申告」を分析しているため、以前から調査方法や結果に疑問視する声があがっており、2006年の国会審議などでも指摘を受けた。
 
 今回の調査では、これまでの児童生徒の自殺のうち、いじめ自殺の可能性があった件数をあらためて割り出し、可能性のある件については、いじめの有無や自殺との因果関係が再調査された。
 
 その結果、いじめ自殺の可能性があったのは、1999年度から2006年度で41件。このうち、いじめが認められたのが14件。そのほかのケースは、「いじめがなかった」17件、「特定できない」6件、「再調査中・係争中」3件、「事故」1件であった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...