不登校新聞

211号 2007/2/1

”日の丸・君が代”処分の教職員171名が提訴

2015年11月04日 16:02 by kito-shin



 「君が代」斉唱時に起立・斉唱、ピアノ伴奏をしなかったとして東京都教育委員会から処分を受けた都立学校の教職員171名の原告団が処分取り消しと損害賠償を求めて、2月9日に東京地裁へ提訴することがわかった。「日の丸・君が代」にかかわる処分取り消し訴訟としては過去最大規模。
 
 都教委は2003年10月23日、都立学校の各校長に「入学式、卒業式等における国旗掲揚及び国歌斉唱の実施指針(通達)」を通達。通達は、入学・卒業式において、教職員は国旗に向かって起立をし、ピアノ伴奏によって国歌を斉唱することなど、具体的な実施指針を示した。また、通達に基づく「校長の職務命令に従わない場合は、服務上の責任を問われることを教職員に周知する」ことも求めていた。これを受け2004年以降、延べ345名が不起立などで処分された。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...