不登校新聞

211号 2007/2/1

Q&A 「退屈だ」と言ってばかり。どうしたら?

2015年11月04日 16:03 by kito-shin


 2006年の4月、小学5年生になったわが子は、不登校をはじめました。今は家にいます。理由はよくわかりませんが、新しいクラスの友人関係でなにかあったのでは、思っています。最近、「退屈だ、退屈だ」とくり返し言って、ため息までつきます。きっと友だちをつくりたいのだろうと思い、適応指導教室やフリースクールを勧めても、本人は動きません。「やりたいことをやったら」と言ってもゲームばかり……、どうしたらいいのでしょう?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

担任が変わった際のポイント 不登校Q&A

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...