不登校新聞

211号 2007/2/1

声 親はついつい期待してしまう

2015年11月04日 15:00 by kito-shin



 わたしの参加している親の会では、「親は子どもが元気になってくると、ついつい期待をしてしまうよね」という話がされ、みながうなづいていました。
 
 「家事をしてくれたらいいのに、アルバイトは? 学校は? 就職は?」、つぎつぎと望みが高くなっていく。
 
 あるいは、子どもをほかのお子さんと、兄弟と、ときには自分自身の子ども時代と比べて、不満と不安が大きくなっていく。
 
 子ども本人は「どう生きたらいいのか」と将来への不安と戦っていたり、学校から離れた自分を受け入れる難解な作業をしていたり、親に心配や迷惑をかけていないか心配していたり。
 
 親とはまた別の不安と戦っているのではないでしょうか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「すべてがストップしてしまう」息子が不登校になって心配だったこと

539号 2020/10/1

心療内科では何も変わらず、不登校の親の会で心がほぐれた

538号 2020/9/15

「これからどうする」と聞かれても親だって困る【祖父母と孫の不登校】

537号 2020/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...