不登校新聞

211号 2007/2/1

第211回 日本初の受託支援調査

2015年11月04日 16:35 by kito-shin


 1993年には、小中学生の登校拒否の児童・生徒数は7万5千人。すでに、増加をたどりはじめて18年も経っており、その間、一度も下降することはなかった。
 
 この数字は、年間30日以上欠席の数をさしている。じつは、文部省は、1991年から調査対象となる年間欠席日数を変更した。それまで年間50日以上の欠席を登校拒否として計上させていたものを、年間30日以上に変更したのだ。「早期発見、早期対応」という考え方からだった。
 
 そういう問題とちがうだろう、と私たちは思った。早期発見、早期対応すれば、登校拒否はもっと減るだろうというが、そんな問題ではない。これは、登校拒否を個人病理的にみるからこそ出てくる言葉だった。しかし、その後も登校拒否は増え続けた。その多くの子どもたちは在宅で過ごしていた。
 
 日本社会は、在宅で成長することを認めない社会である。家にずっといると知識も社会性も身につかない、ひきこもりになる、心の病だ、と思われている。そんな価値観のなかでは、何万人もの子どもたちが、自己否定し、罪悪感という自責の念で苦しむことになる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...