不登校新聞

211号 2007/2/1

殴られ、蹴られ、性的虐待も グアンタナモ問題

2015年11月04日 17:08 by kito-shin

ローヘル・アフマド氏(29歳)


 そもそもの発端は、01年10月に友人の結婚式に参加するため、友人3人でパキスタンに向かったことから始まりました。パキスタンに到着したものの、結婚式まで2週間ほど時間があったので、軽い気持ちで隣国の状況を確かめようとアフガニスタンに入国したのです。しかしそこで、アメリカ軍のアフガニスタン侵攻に巻き込まれてしまい、われわれはパキスタンに戻ることができなくなってしまったんです。
 
 なんとかパキスタンに戻ろうと右往左往しているとき、首都「カブール」よりさらに北の「クンドゥズ」という場所に2週間滞在することになりました。その後、タリバンは北部同盟に対し全面降伏したわけですが、その混乱のなかでタリバンのメンバーと一緒に拘束されたという経緯もあって、われわれはタリバンの一味と見なされてしまったのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...